JAグループ農業機械検定Web検定ツール

お知らせ

2020.09.16
練習問題(2級)の一部に誤りがあり正誤表を掲載しました。
2020.09.16
練習問題(1級)の一部に誤りがあり正誤表を掲載しました。
2020.09.01
練習問題集(1級、2級)を掲載しました。
2020.09.01
学科模擬試験(問題、解答)を掲載しました。

JAグループ農業機械検定とは


現在、農業機械は高性能・高機能化し、メーカー毎に機能が異なるなど、農機担当者が日常業務のなかで必要とされる知識、技術は多様で広範囲なものとなっています。

JAグループ農機検定制度は、知識・経験年数に応じた段階的なスキルアップをはかるため、技能検定レベルの知識を有した者が、日常業務に直結する農機の機能やメーカー固有の技術を習得し、自己の技術レベルを確認するための目標として検定試験(学科および実技)を実施するものです。

検定試験は、実際の修理整備に必要なメーカー固有の機構・新技術や、納品・安全指導など、より業務に密着した内容を取り入れ、経験年数に応じた段階的なスキルアップをはかるため、農機サービス2級と農機サービス1級を実施しています。

多くのの農機担当者がJAグループ農機検定に挑戦し、職場全体で技術力向上に努めることで、農家との信頼が一層強化され、農機担当職員の社会的評価の向上に資することを期待いたします。

トップにもどる